国際心理学会議(ICP2016)にて発表・参加してきました。

8月 13, 2016

 7月24日~29日において、心理学分野における最大規模の国際会議である国際心理学会議「ICP2016」(4年に1回開催)にて発表・参加してきました。オープニングセレモニーには、皇室の秋篠宮妃紀子さまも臨席されておりました。
 発表者の国籍としては、開催国である日本が最も多い39%、日本を含むアジア全体では65%、そしてヨーロッパ17%、北米9%と続いておりました。発表分野では、産業組織心理学が6.7%と最も多く(私もこの分野で発表しています)、臨床心理学の6.5%、教育心理学の6.3%、社会心理学の5.9%と続いています(心理学というのは総称で、実際には、あらゆる分野に区分けされています)。
 開催期間中は、できる限り横浜に通って発表を聴きました。やり取りする言語は英語であるため、神経を集中させて聴かないと、なかなか頭に入ってきません。特に話すスピードが速い発表者の場合、メモをとったりする時間が追い付かなくなり大変です。もっと語学力を高めなくてはいけないと痛感したしました。
 ICPの次回開催地はチェコ共和国のプラハです(2020年開催)。その前に、もう一つの大型国際会議である国際応用心理学会議(ICAP)が2018年にカナダのモントリオールで開催されます。できれば、この先、2年おきに国際会議で発表する機会を得られればと考えています。

二瓶 哲

Leave a Reply