新入社員フォローアップ研修にて

1月 30, 2012

年明けから3月ぐらいにかけて、
新入社員フォローアップ研修がよく行われますね。
私も毎年、数社のフォローアップ研修を担当しています。
今回は、新規で受注した案件について少しご紹介します。
その研修では、最後に2年目に向けた「自分づくり」シートを作成します。
シートには、3年後の夢を描き、且つ、その夢の実現に近づくための
目標と目標達成に向けた行動内容を記入する枠が設けられています。
研修の中で記入を終わらせるのではなく、
2週間程の期間を設けて人事部に提出、という流れをとりました。
今回は、講師である私がシート内容を添削してフィードバックすることになりました。
人事部の担当者様からシートを受け取り目を通したところ、
特に夢について、例えば、以下のような記述が多くされていました。
「社内のコミュニケーションがきちんとできるようになりたい」
「チームワークを乱さないようになりたい」
「仕事の知識を増やしたい」
これは、夢というよりも、夢を実現するための手段に思えます。
確かに、入社して1年間という短い時間で、
且つ、慣れない社会人生活を送ってきたわけですから、
自分の夢を考えるような余裕は無かったかもしれません。
しかしながら、企業に勤める一人の社会人として、
「こうお客様に貢献したい」「こう社会に貢献したい」
といった思いがあり、たとえ抽象的な表現であっても、
夢の文章に反映させてほしいものです。
その夢が、仕事をするうえでの原動力になるわけですし、
辛くなったときの支えにもなります。
中には、キャリア開発において
「夢など持たなくても、偶然のチャンスが夢を見出してくれる」
という考え方もありますが、
私は、夢を輪郭だけでも良いから何か持つ、
いろいろなことにチャレンジし、夢が具体化するチャンスをつかむ、
という両方の観点で向き合えば良いと捉えています。
これから、幾度か添削・フィードバックを繰り返すことになるでしょう。
彼らの夢の要素が何となくでも、シートに記されることを願って。

二瓶 哲

Leave a Reply